レンタカーを利用する場合には、保険に加入する必要があります。保険は必ず加入しなければならないものもありますし、任意で加入するものもあります。

車種

レンタカーには様々な車種が存在します。用途に合わせて使い分けることができるように

保険制度

レンタカーを利用する場合には、保険に加入する必要があります。保険は必ず加入しなけ

保険制度

レンタカーを利用する場合には、保険に加入する必要があります。保険は必ず加入しなければならないものもありますし、任意で加入するものもあります。
保険に加入していることで、万が一事故が起こってしまった場合でも被害を最小限に抑えることが出来ます。
それでは、どういった保険があるのか紹介します。

・対人賠償
交通事故が起こり、人を巻き込んでしまった場合に利用できる保険です。保険に加入していることで、怪我を負わせてしまった人への賠償金を支払ってもらうことが出来ます。ただ、死亡させてしまった場合には、保険で賄いきれませんので数千万円を自己負担しなければなりません。

・対物賠償
交通事故により、ものを破壊してしまった場合に利用できる保険です。相手の車の一部、公共物などの修理費を保険で賄うことが出来ます。ただ、自分が運転している車の修理は対象外となります。

・人身傷害補償
事故によって運転手が負傷した、死亡した場合に利用できる保険です。この保険は同乗者全員が対象となります。

・車両保険
自分が運転している車両に対して利用することができる保険です。自分で車両をぶつけてしまった場合や、事故に巻き込まれた場合が対象です。当て逃げなどの場合には適応されません。

・免責補償制度
免責補償制度に加入していなければ、保険を利用する際の金額をすべて支払わなければなりません。しかし、免責補償制度に加入していることで、免責額を支払う必要がなくなります。

安全に快適な走行をするためにも、保険内容をしっかりと確認する必要があります。

オススメリンク
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー